2014年03月25日

3月3回目は、「紙粘土で版画をしよう!」

3月のテーマは、様々な形が登場する「複合」です。
今回は、粘土の凹凸による様々な形状を活かし、版画制作をしました。

まずは童具の「マグネットモザイク」を使って、自由に遊んでもらいました。
多彩な色と形を関係づけて、自分の好きな世界に統一させていきました。
「ペンギンと魚」「煙突屋根のおうち」「白鳥」「深海に棲む生き物たち」等々。
子どもたちが自由に思い描く世界は、どれもユニークで面白いです。
頭の中で「想像したモノ」を「表現する力」は、大人になるとより必要とされます。
その「表現する力」を楽しみながら自然に引き出してしまう「童具」は、
とても魅力的で子どもたちも大好きです。

DSC02232 (640x425).jpg

DSC02502 (640x425).jpg

DSC02528 (425x640).jpg

「マグネットモザイク」で存分に楽しんだ後は、いよいよ「版画制作」です。
多彩な形の「紙粘土」をダンボールに貼り付けて、版を作ります。
貼り付けた「紙粘土」の表面を「円柱」「四角柱」「三角柱」等の木端で
自由にスタンピングしたり、ヘラで引っ掻いたりして、凹凸をつけていきました。
「白鳥」や「恐竜の化石」等、具象物をデザインした作品や
様々な形をランダムにデザインした抽象作品、どれもとてもユニークです。

DSC02530 (425x640).jpg

DSC02494 (425x640).jpg

DSC02227 (425x640).jpg

DSC02229 (425x640).jpg

DSC02636 (640x425).jpg

子どもたちの作品を並べて鑑賞しました。
今回もアトリエは、「モダンアートの展示会場」に変身しました。
子どもたちは、本当に「すごい力」を持っています。
子どもたちの作品を鑑賞する時間は、私の至福の時間です。

posted by 小島 武 at 18:06| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: