2020年06月13日

6月1回目のアトリエ活動は、「石膏の球のオブジェ!」。

今週のテーマ(形)は、〈球〉。
活動を通して、
〈球〉の形の理解を深めました。

2ヶ月ぶりのアトリエということもあり、
子どもたちの【集中力】は、
もの凄かったです。

DSCF9729.JPG

まずは
“スチロール半球体”の中に
“紙粘土”を敷き詰めていきました。
大胆に詰める子。
繊細に詰める子。
とにかく手を動かして詰める子。
どんな作品になるのか、わくわくしました。

DSCF9885.JPG

各自“石膏の粉”を水で溶いて、
“スチロール球”の中に流していきました。
さすがアトリエの子どもたち!
“石膏”には慣れているので、
水で溶く行程も速やかでした。

DSCF9735.JPG

硬化を待つ間は、
親子で転がしキャッチボールや、
サッカーのドリブルで転がしと、
楽しそうでした。

DSCF9839.JPG

そしていよいよ
“スチロール球”を割って、
まだ発熱している“石膏の球体”を
取りだしていきました。

DSCF9821.JPG

子どもたちの目はキラキラと輝いていました。

DSCF9858.JPG

Aちゃん:「こんな形になったよ!面白いでしょ!」。

DSCF9851.JPG

Bくん:「なんか土星みたいな形になったよ!」。

DSCF9939.JPG

Cちゃん:「ここの部分、洞窟みたいだね!」。

DSCF0011.JPG

自分で思い描いた形になった子も、
ならなかった子もいました。
それでも自由に【発見と表現】を楽しむ子どもたち!

DSCF0071.JPG

子どもたちの目の輝きを見ていて実感致しました。
子どもたちの【創造力の翼】を
思いっきり広げることができる時間と空間は、
途切れさせてはならない。

和久洋三のわくわく創造アトリエ
品川大井プレイルーム
http://wakuwaku-ikiruchikara.com








posted by 小島 武 at 09:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: