2020年02月17日

2月2回目の活動は、「ローラー描画と転写!」。

今回のテーマ(形)は、〈面線点〉。
“ローラー”を使った描画と
転写による画面の変化を楽しみました。

DSCF7326.JPG

まずは
“ビーズ”をフロアにばらまいて、
遅めの節分(!?)で盛り上がりました〜。
その上に“天板”を滑らせて、
ソリのようにして遊びました。

DSCF7758.JPG

そして
本活動スタート。
大きな“画用紙”の上を
“ローラー”を使って彩色。

DSCF7637.JPG

Aくん:「全部の色を出して!」。
Bちゃん:「手で塗ってもいい?」。
みんなで塗りまくるのですが、
周囲に絵具が飛び散るほどの
異常な盛り上がりでした。(祭だ〜)

DSCF7496.JPG

絵具を塗った“画用紙”を、
一度ぐしゃぐしゃに丸めました。
Cちゃん:「私も丸めたい!」。
彩色した“画用紙”を丸める体験が、
新鮮だったようです。

DSCF7788.JPG

そして
丸めた“画用紙”を広げて、
できた凹凸を楽しみました。
Dくん:「すげー!雪山だ〜!」。
現れた画面を食い入るように
観察していました〜。

DSCF7675.JPG

さらに
この“画用紙”の上に
彩色した2枚目の“画用紙”を重ね、
転写しました。
その上で子どもたちはダンスやでんぐり返し!
私:「破けないように、優しくね」とお願いしたら、
忍者の如きすり足で盛り上がりました〜。

DSCF7952.JPG

さいごに
転写した2枚の“画用紙”を剥がして、
作品を掲示しました。
もはや“画用紙”とは思えない、
深みのある画面の完成に、
子どもたちもビックリしていました〜。

DSCF7565.JPG

その後
ぬりたくりで絵の具塗れになるクラス。

DSCF7960.JPG

DSCF7967.JPG

個人作品を作ったクラスもあり、
絵具活動を存分に楽しみました〜。

和久館長の言葉:
「やりたいことを思う存分して、
集中する充実感。
それがその子の天分を花開かせる」

子どもたちの天分が花開き、
幸福な生き方につながりますように!

和久洋三のわくわく創造アトリエ
品川大井プレイルーム
http://wakuwaku-ikiruchikara.com






posted by 小島 武 at 22:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: