2018年11月19日

11月2回目は、「積木でパルテノン神殿!」。

今回のテーマ(形)は、〈円柱〉。
〈円柱〉で構成された建物をつくり、
〈円柱〉の形の理解を深めました。

絵本『ジス・イズ・ギリシャ』や
“パルテノン神殿”の写真を見ました。
イメージをつかんでから
神殿の“柱”をつくっていきました。

DSCF4397.JPG

DSCF4410.JPG

アトリエではお馴染みの“レンガ積み”。
ドンドン積み上げていきました。

DSCF4553.JPG

DSCF4753.JPG

屋根を載せたら、
装飾づくりが始まりました。

DSCF4464.JPG

DSCF4505.JPG

Aくん:「折紙ありますか?」。
Bちゃん:「画用紙ありますか?」。
子どもたちの主体性のスイッチが
バシバシ入っていきました〜

DSCF4627.JPG

屋根の上の装飾を担当する子。
神殿の内装を担当する子。
地下に秘密の迷路をつくる子。

DSCF4697.JPG

なぜか
ギリシャを舞台にした
キリスト復活の演劇になったクラスも!?
子どもたちの発想力は本当にすごい!!

役割が被って揉めたり、
積木の取り合いで揉めたりもしますが、
話し合いで前に進めていきました。

DSCF4509.JPG

そして最後に
みんなでつくり上げた
“パルテノン神殿”の中で、
おやつタイム〜!
みんなの顔がキラキラ輝いていました〜

「こういう活動が大切なんだよな〜」
という子どもたちの心の声が
聞こえてくるようでした。

DSCF4580.JPG

目標に向かって頑張る力。
他の人とうまく関わる力。
感情をコントロールする力。
を【非認知能力】と呼びます。

子ども時代の主体的な遊びが、
これらの力を引き出していきます。
大人の環境づくりが大切になります。

和久洋三のわくわく創造アトリエ
品川大井プレイルーム
http://wakuwaku-ikiruchikara.com





posted by 小島 武 at 18:34| Comment(0) | 日記