2018年09月19日

9月2回目は、「障子紙と染料の色面構成!」。

テーマ(形)は、〈面線点〉です。
〈面〉による画面の構成を楽しみました。

DSCF1856.JPG

“染料”の原液を水で薄めたり、
原液同士を混ぜたりして、
好きな色をつくっていきました。

DSCF2045.JPG

子どもたちは実験を楽しむかのように
“スポイト”で一滴ずつ加えては
色の変化を楽しんでいました〜

DSCF1930.JPG

Aちゃん:「コーヒー牛乳できました!」。
Bくん:「悪魔のスープ完成です!」。
いろんな物語に発展していきました。

DSCF1871.JPG

つぎに
液体で見ていた絵具の色と
“障子紙”に着彩した色の違いから、
再び色づくりの実験が始まりました〜

DSCF2071.JPG

DSCF1878.JPG

ようやく
彩色した“障子紙”を
自由にちぎって、再構成。

DSCF1947.JPG

DSCF1952.JPG

DSCF2006.JPG

繊細に貼付ける子。
大胆に貼付ける子。
貼付けないで持って帰る子。
いろんな子がいることが分かります。

DSCF2118.JPG

【みんな違って、みんないい!】。
人間の様々な要素が作品に表れます。
好みの質は人それぞれ違います。
一人一人の個性が表出した作品群を
目の前にすることで、
「多様性は豊かさ」という心が育ちます。

和久洋三のわくわく創造アトリエ
品川大井プレイルーム
http://wakuwaku-ikiruchikara.com





posted by 小島 武 at 10:05| Comment(0) | 日記